XP-Pen 液晶タブ ケーブル1本でパソコンと接続が可能 21.5インチ IPSディスプレイ エクスプレスキー20個 ペイントソフト付き Artist22 R Pro

液晶タブレット

XP-Pen 液晶タブ ケーブル1本でパソコンと接続が可能 21.5インチ IPSディスプレイ エクスプレスキー20個 ペイントソフト付き Artist22 R Pro

XP-Pen 液晶タブ ケーブル1本でパソコンと接続が可能 21.5インチ IPSディスプレイ エクスプレスキー20個 ペイントソフト付き Artist22 R Pro説明

以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:1、【pixivプレミアムとopenCanvas7】Artist22 R Pro液タブを購入されたお客様に、デジタルイラストのためのソフトをご用意いたしました。pixivプレミアムとopenCanvas7両方の引き換え(又は「ご利用」)申請受け付けています。2、【ケーブル1本でパソコンと接続が可能】業界初のUSB Type-CからUSB Type-Cへの接続をサポートします。これまでのようにUSB/HDMI変換アダプターを使用する必要はなく、貴方のiMac / Mac Book Pro、WindowsパソコンにUSB Type-Cケーブル C-CでArtist 22R Proに直接接続できます。 本体の裏側には、マウスやその他のUSBデバイスの接続に使用できるUSBハブが付いてあります。3、【レッドファミリーメンバー】カスタマイズ可能なエクスプレスキー20個とレッドリングホイールが2個搭載され、ショートカットデバイスがなくても作業効率をキープできます。視差がほとんどなく、ポインタとペン先の位置がほぼ一致しているので、紙の感覚で直感的に描画できます。4、【傾き機能と8192筆圧検知】 Artist 22R Proは、最大60°の傾き検知をサポートします。8192レベルの筆圧感知で、精緻なスケッチと線画のための、より高い精確性、コントロール力、流動性を提供します。描画作業を大きく改善し、画面の四隅までより精確にカーソルポジションできるようになりました。5、【対応ソフト&OSと保証期間】Windows7/8/10、 Mac OS X10.10以降のOSに対応します。Adobe Photoshop、Illustrator、Clip Studio、openCanvas、SAI、CDR、 GIMP、Krita、Medibang、Fire Alpaca、 Blender 3D Painterなど主要なデジタルアート&ペイントソフトをサポートします。ご購入後12ヶ月のメーカー保証があります。

XP-Pen 液晶タブ ケーブル1本でパソコンと接続が可能 21.5インチ IPSディスプレイ エクスプレスキー20個 ペイントソフト付き Artist22 R Pro口コミ評価

1年ほど一つ前の機種であるArtist 22E Proを使用してイラストなどを描いておりましたが、ペンの沈み込みや画面の視差が気になり慣れるまで時間を要しました。今回の新型ですがペンはペン先が沈まなくなり充電も不要となりました。画面の視差はさほど気にならなくなり、自分のスタイルに合わせてキャリブレーションすれば丁度描きたい所にペン先が来てくれます。また前のものよりもモニターの発色が良くなっていて、一々別のモニターで色を確認する必要が(私の環境では)なくなったので使っていてもストレスフリーな商品になりました。一つ前の機種よりも価格的には3万円ほど高くなっていますが使えば使うほどこちらにして良かったと思っております。あとドライバ落ちも発生することがなくなりその点も改良されたのでしょうか?非常に助かります。画面には初めから保護シートも貼ってありますのでその辺りを考える必要もなしです。いかがでしょうか。

某wの22インチと迷いましたが、画面の色味と液タブでかなり違いがあるとのレビューがあったので、10万超えなのに我慢するくらいならと、リサーチの末こちらを購入してみました。届いて使うまで不安もあったのですが、結果、とても良い買い物をしました。近年板タブだと線画が苦痛で仕方なかったのですが、液タブに向かうと自然とやる気になるので紙に描くみたいに作業へのハードルが低くなる気がします。唯一引きで小さな点をポチと打つ、みたいな動作は反応がイマイチな場合があります。が拡大すれば良いだけの話です。w社以外の液タブはペン先の沈み込みが〜とか聞きますが、こちらは大丈夫でした。傷防止の画面シート(ペーパーライク系ではなくつるっとしてますので人によっては気になるかも?)も本体にすでに装着された状態で届きますし、ペンやグローブも同梱されていました。画面が熱くならないので、現状はグローブ無しで描いています。両側にボタンがたくさんあるので、ショートカットも割り当てられてそのうち慣れたら板タブくらいの作業スピードになるかなーと長い目で見ています。この価格でこの満足感はすごいと思います。今までw社以外はあまり注目していなかったのですが、目から鱗でした。この価格帯で大きい液タブを手に入れたい方はオススメします!

最初はタッチ位置と実際に描画される位置のズレの大きさが気になり、何度もキャリブレーションをしては試しを繰り返す事になりました。一旦良くなったかと思っても次に使う的にまたズレが多くなってたり…その後も何度か調整を繰り返すうちに安定してきた気がします。単に使う側が慣れただけかも?とはいえ、機能充実でこの価格ですから価格相応といったところかと。今のところはほぼ満足かな。

人生初の液タブであるWacomのCintiq 13HD からXP-PENの22E PRO(前モデル)に乗り換えたのが1年ほど前。22Eはペン先が触れるスクリーンと液晶にかなりの距離があり、ペン先とカーソルの位置がズレていることがしばしば。キャリブレーションしても思い通りの調整ができなかったり画面の端に行けば行くほど酷かった。また、ペン先を画面から3-4㎝離した状態で保持していると接続が切れることが多々あり、PenTabletというソフトウェアを再起動しないと治らない症状に悩まされていた。で、なぜか今回新しいモデルの22R Proを購入したのだが、あらゆる部分に改良・改善がみられる。まずスクリーンと液晶の距離がグッと縮まり、カーソルの位置もほとんど違和感のないレベル。画面端のズレも気にならない。ドライバは22Eと共有と思われるが、こちらは接続が切れたことは今のところ全く無い。液晶の発色も明らかに違いが分かるほど良くなっているし、エクスプレスキーが旧8+8の16から新10+10の20個+ホイール2個に増えたことで左手デバイスがほぼ不要に。ペン立てがついたことや可倒スタンドがコンパクトになって一部ローラーが付くなど細かい改良点もGOOD.お値段は決して安いとは言えないが、22インチサイズの液タブがこの値段で手に入るのは素晴らしいと思う。(あとは自分の画力がAmazonに売っていれば買うのだが…)初心者にお勧めできるかどうか…うーん、はじめからデカイ画面で描くよりは、13や16インチあたりで描き始めて、物足りなくなってきたらこのサイズにするほうがより感動的になるんじゃなかろうか…と。今後の改良点として(致命的ではないけど)改善してほしいポイント・ペン先を抜くツールを付属してほしい・ペンのラバー部分を外して洗えるようになればいいな・スタンドの角度を変えたりするたびにケーブルのコネクタ部分に負荷が掛かっている気がするため、 タブレット本体側にケーブルを固定する溝なんかがあればいいなぁそんなところ【追記】どなたかご質問でUSB-Cから「PC」への給電に対応しているか?とのご質問がありましたが、どうやら対応はしていないようです。USB-CはあくまでPCへの接続と映像のみのようです。PC自体はPCのACアダプタが要ります。

Wacomの液タブのほうが筆圧が弱くても描きやすいが、こちらは筆圧が弱すぎると感知せず、力を入れすぎると線が太くなりすぎてしまうので慣れるのに時間がかかってしまうと思った。しかし、この値段の液タブで22インチ、バッテリーレスでなおかつペン先が沈まない液タブはとてもお買い得だと思う

XP-Pen 液晶タブ ケーブル1本でパソコンと接続が可能 21.5インチ IPSディスプレイ エクスプレスキー20個 ペイントソフト付き Artist22 R Proはこちら

タイトルとURLをコピーしました