HUION液タブKamvas20(2019) 傾き検知±60° 充電不要な8192筆圧感知ペン 反射防止加工AGガラス搭載19.5インチ液晶タブレット 左利きの方もご利用が可能GS1901

液晶タブレット

HUION液タブKamvas20(2019) 傾き検知±60° 充電不要な8192筆圧感知ペン 反射防止加工AGガラス搭載19.5インチ液晶タブレット 左利きの方もご利用が可能GS1901

HUION液タブKamvas20(2019) 傾き検知±60° 充電不要な8192筆圧感知ペン 反射防止加工AGガラス搭載19.5インチ液晶タブレット 左利きの方もご利用が可能GS1901説明

以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:【傾き検知機能付き】傾き検出機能によって、±60°の範囲内でペンを傾けても精度は変わりません。リアルなペンと同様にラインの強弱も思いどおり。ラインラグがほとんどなく、精密かつ精細な描画が実現します。【充電不要ペンPW507】筆圧感度は 8192 段階。紙に鉛筆で描くような感覚を味わえます。充電不要なため、作業中の電池切れや、充電を心配する必要はありません。レポートレート266PPS。タッチ解像度5080LPI。【アンチグレアガラス搭載】AGフィルムではなく、特別なプロセス処理されて、アンチグレアガラスに加工した、AG反射防止加工ガラス、正反射(鏡面反射)画小さく、透過光の減少が大きい、光などの正反射を制御し防眩性を持たせます。太陽光の下でも驚くほどの視認性を実現しました。お客様も保護フィルムのコストが節約できます。【液タブ解像度】1920 x 1080、Adobe RGB92%色域、コントラスト比 1000:1のディスプレイ。表示可能色数の1670 万色を液晶で美しく鮮やかな色表現が可能です。【互換性&スタント角度】Win 10/Windows 8/Win7/Mac OS最新バージョン、WindowsとMac両方とも対応してます。人気のペイントソフトにも多数対応しております。1年保証付き。角度調整可能なスタンド:頑丈で屈強な造り、簡単な操作で 20°〜80° の範囲で調整できます。

HUION液タブKamvas20(2019) 傾き検知±60° 充電不要な8192筆圧感知ペン 反射防止加工AGガラス搭載19.5インチ液晶タブレット 左利きの方もご利用が可能GS1901口コミ評価

結論から述べますと「初めて液タブを購入する人ならばKamvas20(2019)で問題なし。お金に余裕がある、もしくは現在既にワコムユーザーならばワコムにした方が良い」です。私は現在ワコムのcintiq21uxとcintiq companion2を所持しております(ただし液晶サイズの小さいcintiq companion2はあまり使っていません)。最近定期的な長期出張が入るようになり出張先でも液タブ作業ができるようにKamvas20(2019)を購入しました。以下ワコム製品との比較になります。ハード面に関して気になったのはコネクター差し込み口の位置が良くないことです。電源・HDMIなど各種コネクター差し込み口がサイドではなく背面下部にあるのですがスタンドの角度を調節し液タブを寝かせると差し込み口から伸びる各種ケーブルの束(かなり太い)が邪魔になり液タブ下辺が浮いてしまいます。そのため液タブを寝かせるたびに液タブ下部が浮かないようケーブルの配置をしなおす必要があります。ただし私は液タブをかなり寝かせて描く派なので立て気味で描かれる方ならば大きな問題にはならないと思います。次に描き味ですがペンの強弱や反応・描線の追随性などはワコムcintiq21uxと遜色なく(スペック上はKamvas20の方が上なので当然)満足できるものでした。しかし唯一気になったのが視差の大きさです。ワコム製品はペン先を置いた所に描画される感覚があります。ところがKamvas20はペンを置いた場所と描画される場所のずれがワコム製品と比べてかなり大きく感じるのです。これはHUIONの想定以上に私が画面を寝かせて描いているからかもしれません。しかし同様の角度でワコムでは違和を感じないのも事実です。もちろんKamvas20のソフトでペン先の位置調整を行った上での感想です。しばらくKamvas20を弄った結果、対応策としては「描画の際にペン先を見るのではなく液晶画面のポインターを見て作業する」で落ち着きました。この視差の大きさが最初に述べた結論に至った主因です。液タブが初めての方ならば視差を「そういうモノ」としてスタート&習熟できるので問題ないと思います。しかしワコムからの乗り換えならば慣れるまで最初は戸惑うでしょうし、私のように両方使うならば機器に合わせて感覚を変えなければなりません。以上により私個人としましては次回購入があるならばワコムを購入すると思います。しかしKamvas20は製品のスペックは必要十分であり、使い方さえ掴めばワコム製品使用時と出来上がる作品の質に大きな差はでないと思います(神絵師や神モデラーの方なら「いや、作品の出来に影響するぞ」と言うかもしれませんが…)。さらにワコムの同等サイズ品の1/2以下という驚異的な価格である事を考慮すればKamvas20が非常に価値ある素晴らしい商品であることは間違いありません。この価格で十分なスペックを持つ液タブ環境を構築できるのは素晴らしい。一昔前には考えられなかったことです。あと老婆心ながら・・・・絵を描くならばなるべく大きな液晶サイズがおすすめです。でかいサイズは正義です。

最初箱を開けた際 同じ出品者から購入したグローブの入れ物(小さな封筒の様な物)が目につきました 封筒の横に5cm程の大きな破れがありましたw 「なるほどこれが噂の中国産の洗礼と言うものか・・この程度まだまだ挨拶みたいなものだな」そう思い覚悟を決めタブレットを開封・・しかし!梱包もしっかりされており、欠品や傷もありません ドット抜けなども無く心配は無用でした!! 液タブ初心者の私は当然の事ながらタブレットの選考には苦慮しました 五回はカートに入れたものを消してますw迷いに迷いちょっとお高くてもこれを選んだ理由はずばり、AGガラス&傾き検知&大は小を兼ねる(自論)19インチだからです! 色々な感想を読んでこれが一番経済的にお得?と判断しました フィルムはお高い上に透明度は落ちて行き、一年ほどしかもたず、貼り付け失敗等皆さん苦慮されている様子、しかもペン先の消耗も激しいらしい・・AGガラスは透明度は申し分なく それが維持されます!・・がつるつるです ペンタブあがりの私には違和感は無いですが 紙からの人は慣れが必要でしょう 傾き検知はAGガラスの厚み故の誤差と疲労度軽減に役立っていると思います。 19インチのモニターですから据え置きと考えてる人も多いでしょう マウスにショートカットキーがある私には192の様な本体のショートカットキーは必要としません(愛用していたペンタブの四つのショートカットキーすら押したことが無いのです)以上の事からGS1901(替え芯は10本ついてますし減る気がしません 別売りのグローブだけ購入し、後は何も要らないと思います)をおすすめします どれを選ぶか苦慮されている方の参考になれば幸いです。

美大に進学するにあたり、環境を整えたくて、Wacomの板タブ(確かCTH-470)から、腕のストロークを生かせる作業スペースの大きいものに乗り換えました。レビュー数が少なくて、値段も安かったため心配でしたが頼んでから3,4日ほどでちゃんと届きました。画像に記載が無く心配でしたが、替え芯10本がきちんとペンスタンドに差し込まれた状態で届きました。マイナス点〉・コードを差し込む位置私は画面を立てて描くのであまり気になりませんでしたが、パソコンと接続するコードを差し込む位置が裏面下部にあるため、画面を寝かせて描きたい人にとってはコードが邪魔で浮いてしまうので不便かと思います。・筆圧感度液晶慣れしていないのもあると思いますが、筆圧感度に関しては型落ちでもWacomの方が上かなという感じです。こちらは液晶の沈み込みを感じるので、あまり強い力は込められないかなという不安もあります。それでもある程度は感知してくれ、線の強弱は普通に出せるので許容範囲です。・ペンの軽さ今まで使っていたWacomの板タブ付属ペンよりも軽い、というのが最初の印象です。ペンにある程度重みがあった方が安定するので、もう少し重い方が使いやすかったと思います。普段からシャープペンなど、重みのあるタイプを選ぶ方は慣れるまで少しかかるかなという感じです。他のレビューの低評価について〉・ペン先の視差ペン先と画面上のポインターは特に何の設定もなしにほとんど視差無く使えました。私がもともと板タブを使っておりポインターを見るクセが付いているということもあるかも知れませんが、使うのに困るほど位置のズレはないです(1,2mm程度)。ただ、パソコンの設定でディスプレイを拡張&2画面で登録した際に大きく変わってしまうことがありましたが、その問題についてはペイントソフトを開き直すことで解消出来ました。・画面フィルム人によりけりです。アナログから液晶に乗り換えた方はおそらくペーパーライクフィルムの方が描きやすいと思いますが、自分は特に気になりませんでした。元からアンチグレア加工のためか、完全にツルツルではなくセミマットな描き心地なので板タブとはそこまで大差が無い気がしました。感覚としてはDSにタッチペンで描いているときと近いです。総括〉少し不満点はありますが、4万円ほどで入手できる液タブとしてはサイズも大きくコスパはかなり良かったです。もちろん、プロとして仕事に使うとなると、妥協せずにより良い商品を買ったほうが安心感があると思います。しかし、Wacomなどの製品はこれより小さいサイズでほぼ倍の金額がかかってしまうので、個人の趣味程度ならこれで十分かなと感じました。(値段が高い方が無論性能は高いと思いますが、正直倍の差があるようには感じないです)

この値段の安さで高性能、充電不要ペンという便利アイテムも付いているのはかなりの良品です。

HUION液タブKamvas20(2019) 傾き検知±60° 充電不要な8192筆圧感知ペン 反射防止加工AGガラス搭載19.5インチ液晶タブレット 左利きの方もご利用が可能GS1901はこちら

タイトルとURLをコピーしました