VEIKK ペンタブレット 10×6インチ作業領域 電池不要ペン消しゴム搭載 ペン先x20 12個のショートカットキー プレゼントにも最適 A15(レッド))

液晶タブレット

VEIKK ペンタブレット 10×6インチ作業領域 電池不要ペン消しゴム搭載 ペン先x20 12個のショートカットキー プレゼントにも最適 A15(レッド))

VEIKK ペンタブレット 10×6インチ作業領域 電池不要ペン消しゴム搭載 ペン先x20 12個のショートカットキー プレゼントにも最適 A15(レッド))説明

以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:*仕事用全然大丈夫――テレワーク やテレ授業などができます。そして、Windows10/8/7、Mac OS 10.12以降のシステムに対応します。幅広い用途と対応:イラスト、スケッチ、ペイント、デザイン、編集など様々な用途で力を発揮できます。Photoshop、SAI、Painter、Illustrator、Clip Studio、openCanvasなどの主要ソフトに対応します。仕事用では、とても便利です。*本体機能標準最高――描画エリア:10×6インチ、超大プロット領域、B5のほどサイズで腕を動かしやすく快適に描います。読取速度:250PPS、タッチ解像度:5080LPI読取可能高さ:10mm。わずか9mmの薄さで、スペースを取らず持ち運びやすいデザインで、この標準は絶対品がよくて値段が安いです。*着替え簡単――サイド出しのケーブルは本体側がUSBタイプC、パソコンに刺さる側が一般的なUSBタイプAですので、ペンタブレットを接続するときにUSBタイプC両方でもいいです。充電不要のスタイラスペンと替え芯 (標準芯28本) が付属、好きに使い放題です。*ショートカットキー ―― A15は12個の自在に設定可能なショートカットキーを搭載しました。お客様の創造力をより強力に、そして効率的に表現することができます。*保証期間と特別サービス――証期間は購入日から一年間(12か月)です。もし何か問題がありましたら、メールサポートで弊社に連絡してください。24時以内に、必死に対応するようにします。

VEIKK ペンタブレット 10×6インチ作業領域 電池不要ペン消しゴム搭載 ペン先x20 12個のショートカットキー プレゼントにも最適 A15(レッド))口コミ評価

レビューがあまりなかったので詳しくレビューさせていただきます。ご参考になれば幸いです。〇商品の梱包について本体には保護フィルムが貼ってあり非常にきれいな状態でした。もちろんですが外箱にもへこみなどは無く非常に満足です。〇本体についてかなり薄くて軽いと思います。ゆがみなども一切無く良い作りだと思います。裏面にはゴム足がついており、使用中も滑りません。また12個の物理キーがあり、そこに様々なキーを割り当てすることが可能です。ペンにも二つの物理キーがついています。デフォルトではペンと消しゴムの入れ替えに割り当てられていますが、VEIKKさんのホームぺージよりダウンロードできるソフトを使用すればキーの割り当てや、その物理キーを無効にすることが可能です。個人的には無効にできることはよかったと思います。ペンは軽く握りやすい太さだと思います。両利き対応みたいです。ペンに関しては、物理キーを間違って押してしまいやすいと感じました。現在は物理キーを無効にして使用していますが、せっかく物理キーがついているので、もったいなく感じてします。USB type Cで向きを気にせずさせるのは良いと思います。書き心地は、”ツルツル”ではなく、紙に書いているかのような”ほど良い”書き心地です。〇付属品についてペン先の替えが20個近く入っていました。当分は間に合いそうです。手袋も付属していました、質感はそれなりです。そのほかは必要最低限のものしか入っていないイメージです。この値段では十分でしょう。〇使用感について板タブとしての使用感はかなり良いです。筆圧もしっかり検知しており、扱いやすいです。しかし、ソフトウェアがいまいち使いずらいです。キーの割り振りや、アプリケーションによってキーの設定の変更を保持できるなど気の利いたシステムはあるのですがインターフェースがすこしもっさりしています。まだバージョンが1.00だったのでこれからに期待です。〇総評長くなりましたが、かなりお勧めできる商品です。値段や性能、本体の質感どれをとっても値段以上の価値はあると思います。一方でソフトウェアはもう少し頑張ってほしいですが、1度設定してしまえばあまり変更するものではないので問題はないかと思います。趣味でPCで絵を描いている方、これから書こうと思っている方は十分すぎるのではないでしょうか。

同社の製品A30とA50を既に職場と自宅で使用中。シリーズの新製品が出ていたので気になって買ってみました。このシリーズは安いので新しい絵の具やペンのように気軽に試す事ができるのは良いですね。マウスのよう気になったら買って試す!が出来るのは素敵ですし、学生さんも手が出しやすいかもしれません。筆圧検知の細かさ、違和感の少ない高速な感知能力、好みの筆圧の掛り方に細かくセッティングできる点は従来製品どおりで快適、今回はペン先スペアが沢山入っていました、以前のモデルの倍位。20本入り、さらにグローブまで付属していました。(このグローブがなかなか優秀でした、使い始めると手放せないかも? 今見たら別売りもあるようです)ドライバはA50A30と共通のため設定画面は日本語化されています。ショートカットキーはカチカチとしっかりしたクリック感のある物理ボタンが12個。(6個の左右シーソー振り分け)デザイン上の大きな特徴のあるリングとVEIKKロゴ部分は特になんらかの操作が割り当てられているわけではないようです。装飾部品ですね。リングパーツはアルミニウムなのかメッキパーツなのは判りませんが思ったよりハデさはなく邪魔になりません。カッコいいです。(好みの色が選択できるようになるみたいですね、私が購入時は赤のみでした)先行機種のA50/30との大きな違いはタッチパッドが非搭載という点ですが物理キーが増えているため、キー割り当てによって機能的には問題なくカバーできると思います。割り当てる機能(コマンド)はドライバの設定でイジることが出来ます。タッチジェスチャーではなくキーをしっかりポチポチして操作がしたいという方にはA15が良いでしょう。キーに割り当てたコマンドの説明用シールを貼ってわかりやすくしたり、来客者用に貸し出すのには便利そうです。A50/30同様にひっくり返して右利き左利き両対応可能な仕様で、ドライバも左右の切り替えに対応しています。サイド出しのケーブルは本体側がUSBタイプC、パソコンに刺さる側が一般的なUSBタイプA。ボディサイズは、A4雑誌+数センチ横長です。A50とほぼ同じ、A30より少し横長。描画面はスマホのノングレアフィルムやペーパーライクフィルムのような手触り、紙にかなり近いペンの滑り心地の表面で、個人的には同シリーズで最も紙書いている感触に近い感覚。上から好みの保護フィルムや紙を貼ったりしてもいいと思います。ペンはA50付属のペンと同一、機能性重視といった感じの無塗装仕上げ。より滑りにくくしっかりしたグリップと筆圧が掛けやすい形状になっていますが、材質はプラスチックむき出しです。ゴムコーティングされたペンのようにベタベタになる心配は無さそうですね。重量は軽く、ペン先が1から1.5mmほど沈み込むタイプで重心はほぼ中央。寸法は(参考) 長さ157mm、太さは軸部12.5mm、最大部13.7mm沈み込みは慣れの程度で、厚手の柔らかな水彩紙に鉛筆で描いているような感じ。ボタンは2キー。こちらも好みに設定可能。VEIKKロゴ入り極厚フエルトのケースと替芯20本、ペン先抜きツールが付属しています。最近純正のペン先がAmazonから安く買えるようになっているようなのでゴリゴリ描いても安心です。一般的なエンピツやライナーペンと比較すると太いが使いやすさにおいて不便は感じず、むしろ疲れにくいと感じる。従来製品と同じくA30付属、A50付属のペンと互換性がありました。スペアのペンを買って試してみるのも面白いかもしれないです。個人的にはA30に付属して来たペンを流用するのが好みです。(Amazonでスペアとして買えるようになったみたいですが、公式では流用不可としているようです)現在まだ日本語のマニュアルが用意されていませんがさほど難しくはありません。ドライバーは公式サイトからダウンロードする形式です。(パッケージに公式サイトURLなどが書かれたCD-ROM型のメッセージカードが入っています)(本体を接続すると自動的にA50かA30かA15か判別するようです、筆圧感知機能が効かない場合は接続後にPCを再起動すると復帰しました)※ドライバのバージョン数字はナゼか変更がありませんがA15発売以前にダウンロードした古いドライバは使えません。古いモデルのドライバを使っている方は旧ドライバをアンインストールして公式サイトから新しくダウンロードする必要があります。容量も変わっているのでおそらく新型A15用のデータが追加になったのでしょう。A50/30では他の方のレビューで「PhotoshopCC2018では筆圧感知しませんでした」とありました、当方ではCCを使っていないので未確認ですが「調べたら有名なAdobe側の問題のようで「筆圧 PSUserConfig.txt」あたりで検索すれば解決します」という事です。参考に。使用環境 Windows10pro 64bitデスクトップPC(第1世代コアi7搭載機)主なソフト クリップスタジオ、ペイントグラフィック3 などドライバのバージョンは1.0.0.0(2019年4月版)■追記2019/7/3■特殊キーを組み合わせるショートカットの設定方法が判らないというレビューをみつけたので追記。ショートカットキーの設定で「Shift」「Ctri」「Alt」+英数の設定方法は、ドライバのショートカットキー設定画面で割当指定する選択肢が出てくるタブの中から「キーボード」→「キーボード」で出てくる入力窓の右下にある「特殊ボタンを追加」で指定タブが出てきて選択できます。例えばCtri+zならば特殊ボタン選択タブからCtriを選び入力部分に{Ctri}が表示されたら、続けてキーボードでzを入力すればOKです。■追記2019/7/26■ドライバが更新されてインストール時の文字化けが解消されたようです。Ver2.0.0.1Windows版で確認、Mac版も更新されているようです。ドライバの更新確認から上手く更新出来ない場合は公式サイトのダウンロードから新しいドライバを入手してインストールすると上書きしてくれました(Windows10)

主にフォトレタッチでの切り取りや合成、グッズ等のデザインに使用しています。以前使っていたタブレットは小さいながらも大変重宝していましたが、思い切って更新しました。同じVEIKK社の同サイズペンタブレットであるA15も入手しましたので比較してレビューします。どちらも一長一短ですので参考になれば幸いです。【外観】マットな表面にメーカーロゴのアクセント(機能はなにもないですが…)スタイリッシュで良いです。私はちょっとおとなしめのグレーにしました。裏の樹脂の質感もマットで持ちやすく、とても薄くて軽いです。本体のUSB(TYPE-C)はV30と違って奥まったところにないので付属ケーブル以外も普通に使えます。サイズですが少し横長です。薄いので本棚などに立てかけて保管する時などはちょっとはみ出るかも。ペンは無塗装です。握るところがφ12.4mmありました。ですが太いという感じは無くむしろ握るところが安定しているので私は使いやすいと感じました。バッテリーレスなのは本当に楽ですね。2つのボタンについては、作業中気になることがはありません。押すときは意識が必要ですが慣れかなと思います。ペン先も20本付属しており当面は大丈夫です。そんなに減らないですし。【機能面】windows10+Photoshopで使っています。筆圧検知が細かく、カーブでも指定できるので思った筆圧で描画できます。ペン先の沈込みは気にならないです。速くペン先を動かすと筆圧がムラになることもありますが、私の使い方では許容範囲内です。入力エリアが広いので繊細な部分も直感的にペン先を動かすことができて快適です。A30と入力の感触に有意差はありませんでした。ショートカットボタンが12個もついており、自由にカスタムできますのでとても便利。物理ボタンというのも画面を見て手探りで操作するペンタブレットにおいては使いやすいと思います。A15はフラットですので見て操作が必要になります。ちょっとしたことですけどね。ロゴしたのインジケーターですが、ペンが近づくとPENのLEDが点滅します。少し視界に入るとチカチカして最初気になることがありました。慣れたら画面見ながら作業するようになりますので気にならなくなりますが点灯の方が好みだったかな。このサイズのペンタブレットを買おうと思ったら一昔前はかなり高額でしたが、いつのまにやらこんな価格で手に入る、ものは試しと購入してみましたが、私の用途では大変満足のいくものでした。特殊な入力デバイスのように思われがちですがマウス(私はトラックボールですが)ではできない繊細な入力を要する作業にはとても便利に使えています。大変オススメです。

不良品です。マニュアルに従ってドライバーをインストール。まずはビットマップで絵を描こうとしたが反応せず。おかしいと思いマウスモードにもしてみたが反応せず。筆圧チェックやマッピング調整使用としたが反応せず。ドライバーをアンインストールしてやり直したが反応せず。デザインもよく期待していたが見事に裏切られた。国産の物を買い直します。あと初心者&英語読めない人要注意です。ドライバーをインストールするサイトですが、英語表記のみです。また、ドライバーをインストールするプログラムですが文字化けしてます。安物買いの銭失いでした。仕事で使う予定でしたので残念です。

Wacom製の板タブしか使ったことがなかったのですが、こちらの板タブもとても使いやすく筆圧もしっかり感知してくれます。ペンが軽い&細すぎないので握りやすくて私好みです。左効きなので板タブを回転させるだけで使えるのも嬉しい!(ドライバーの設定で左利き用にする必要はあります板タブとパソコンを繋ぐケーブルもtypeCなので左利きで使っていてもケーブルが邪魔にならないので助かります。お値段的にも機能面的にもこれから板タブでお絵描き初めてみたいなという方におすすめできる商品だと思います^^(追記)ドライバーのバージョンが更新されたようで、以前は文字化けで何が書いてあるのか分からなかった部分も日本語できちんと読めるようになったようです。また、「ドライバーをインストールしてもペンが認識されない」という口コミがちらほら見られますが、ドライバをインストールしたら一度再起動→ペンタブを繋いでからVEIKKTablet(ペンタブの詳細設定)を開くときちんとタブレットを認識されるようです。ペンタブを繋いでいない状態でVEIKKTablet(ペンタブの詳細設定)を開いても画像4枚目のような画面しか出てこないので注意。

VEIKK ペンタブレット 10×6インチ作業領域 電池不要ペン消しゴム搭載 ペン先x20 12個のショートカットキー プレゼントにも最適 A15(レッド))はこちら

タイトルとURLをコピーしました