プリンストン 急速充電式ペン付属スリムペンタブレット Slim Pen Tablet with a rechargeable pen PTB-STRP1

液晶タブレット

プリンストン 急速充電式ペン付属スリムペンタブレット Slim Pen Tablet with a rechargeable pen PTB-STRP1

プリンストン 急速充電式ペン付属スリムペンタブレット Slim Pen Tablet with a rechargeable pen PTB-STRP1説明

以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:バス:USB

プリンストン 急速充電式ペン付属スリムペンタブレット Slim Pen Tablet with a rechargeable pen PTB-STRP1口コミ評価

タイトルの通りです。これを使って1年後、見事に充電部分の金属端子が折れて使い物にならなくなりました。ソフトフェアでの異常はまったくなく良かったのですが、まさか1年で、それも端子が折れて使えなくなるとは。まあ値段と性能がまったく釣り合ってなかったので、買った当初から多少の心配と覚悟はしてました。これを使う上で冬の時期は特に気をつけたほうがいいと思います。寒いからモフモフした服を着ていたのですが、ペンタブを押さえる方の袖が端子に触れて引っかかり、腕を持ち上げると端子が引っ張られて上に曲がってしまいます。なので充電しない間は紙でも何でも被せて端子に触れないようにした方が良さそうです。(自分は折れた後に気づきましたが…)1年間芯を変えずに使ってきましたが問題はなく、途中で尖ってがりがりとしますが2~3日でまた滑らかになりました。形状は広く極薄で、他のところでも言われている通り性能はBamboo以上Intuos以下です。個人的にはIntuos寄り。USBのコードは長いので机の下からでも十分に届きます。マジックテープもついてるので余ったらまとめておけて便利です。個人的な結論としてはコスパを最優先項目とした上では最強と言っていいです。Intuosとのソフトフェアの衝突がないので、メインが壊れた際の予備として使え、もちろんメインでも十分です。ただ充電部分の端子が決定的な致命傷になることから☆3です。店頭販売を見かけないのでポチるしかないですが、ペンタブ初心者には最初にオススメします。

※追記(2016/8/29)2016年現在、私が購入・レビューした時点と比べて価格が二倍ほどに高騰しているようです。(約7000円が12800円に)現状は他機種と比べてコストパフォーマンスに優れるとは言えない状態になっているため、それを考慮した上で以下のレビューを読んで頂きたく思います。ついでですが、購入から三年半ほど経過した現在も製品そのものは特に故障もなくバリバリ現役で活躍してくれていることをご報告しておきます。故障・不具合を疑う前に・充電できない→充電用接点の清掃・空中で反応が悪い→ペン横のボタン部を取り外した中にある感度調節ノブの調整・ポインタが不規則に揺れたり、飛んでしまう→差し込むUSBポートの変更(特にUSBハブなどは避けるのが無難)などを試してみることをおすすめします。——————–二年弱ほど使用してからのレビューです。結論から申し上げて、表題の通りです。「ペンタブレットは欲しいけれどIntuos pro(旧Intuosシリーズ)までは必要ないなあ」という方ならばこれを買っておけばOKなのでは?と感じます。WacomのIntuos pen(旧Bambooシリーズ)が良くない製品だということでは決してありません。ただ、この製品のコストパフォーマンスがあまりにもずば抜け過ぎているのです。私はPhotoshopとSAIでこの製品を使いますが、これまで描画作業について不満を感じたことはありません。薄い線もきちんと描けますし、筆圧感知も癖がない。筐体も予想以上に薄く、机に乗せた紙に線を引くのとさほど変わらない感覚で使用できます。購入前にもっとも懸念していたドライバ周りも拍子抜けするほど素直な作りで、適切な設定をすれば不穏な動作を見せることはほとんどありませんでした。(ちなみにこの商品に限らないことですが、SAIで描画が安定しない場合、misc.iniというファイルを改変しペンタブレットの制御をWindowsではなくSAIに任せるようにすると解決することがあります)描画領域が広いのも良いですね。同価格帯であるIntuos penのSサイズと比べると面積にしてその差およそ三倍弱。三倍以上の価格のIntuos pen&touchのMサイズと比べてもなお一回り大きく、より自然かつ快適な描画感を期待できます。耐久性についてですが、一度誤って熱い皿を上に乗せてしまい本体が反り返ってしまった事がありました。(プラスチック製の薄い板ですから当然の結果ですね)しかし熱いうちにタブレットの上に雑誌を積んで放置しておいたところ、何事もなかったかのように元に戻り安定した動作をしていますので、それほど脆弱な作りではないのだと思います。ペンの充電についても問題ありません。電池がすっからかんになっている状態からでも、お茶を淹れてくる程度の充電時間があれば使用可能になっています。また休憩毎にペンをきちんと充電位置に戻せば作業中にペンの電池がなくなることもありません。難点があるとすれば充電端子がむき出しなところでしょうか。うっかり触れてしまうことが多く、そのまま時間が経つと接触不良になりやすいです。拭き掃除をすれば元に戻りますが、この設計はもう少しなんとかなったのでは?と思います。また、私は元から使っていなかったのであまり問題になりませんでしたが、ペンの頭の消しゴム機能はこのペンタブレットにはついていません。右端のマクロキーもおまけみたいなものですね。邪魔になることはありませんがあまり役にも立ちません。バンドルソフトが一切ないのは人によって評価の別れるところでしょう。もっともイラストを描くだけであればFire alpacaなど質の良い無料・低価格ソフトが普及してきているので、今時はそれほどバンドルの必要もないのかな?と、個人的にはそんな気がしています。長くなりましたが総括します。完璧な製品ではありませんが、描画性能にはまったく問題がなく競合製品との価格差を鑑みれば五つ星をつけざるを得ません。間違いなくおすすめです。

9/10充電ができなくなりました。ペンを置いても認識しなくなった。皆さんと一緒でした。よって、評価を大幅ダウンします。——————————————————————————-およそ13、14年前にペンタブレットを購入したことがあり、5000円ぐらいで縦横15センチぐらいのを使ったことがあります。しかし。。。使いにくく、すぐ断念しました。そのトラウマがあったせいか、ペンタブレットになかなか手が出せませんでした。ある日、クラウドアルパカという無料漫画制作ソフトがリリースされて、スマホ、タブレットのアプリリリースを待っていましたが、それはネーム用でした。実際描くのはパソコンです。よって、ペンタブレットをやむをえず購入。結果、、、驚きました。13、14年前のペンタブレットと全然違います。紙に描いてるという感がします。クラウドアルパカも問題なく描けます。ただ、線は極太にしないといけないみたいです。極太にすると描くときはちょうどいい感じになります。なにかの設定が必要なのかな?よくわからないのですが、極太にして描いています。マクロボタン(ペンタブレットの端っこにあるボタン)の組み合わせにより、戻るボタンや消しゴムの設定が可能です。クラウドアルパカのみの体験ですが、当商品は問題なく使えます。ペンは壊れやすいと評価に多いそうですが、慎重に使いたいと思います汗

3週間ほど使った感想です。まず描画性能や感度ですが、全く問題はありません。非常に快適にかけますし、その点はかなり満足しています。但し一つ問題がありまして、ドライバーのエラーといいますか、筆圧感知ができなくなる(かなり低い一定値に固定される)ケースが頻発します。(一回PCを落としたり、イラストソフトを落としたときに発生するので作業中は問題ありません)一分ほどかけてドライバーを再インストールすれば戻るのでそこまで困りはしませんが、デスクトップにドライバーのショートカットを設置して利用する必要がありそうです。また、ショートカットキーも初期設定以外は設定しなおしなのでそこも注意が必要です。私はショートカットキーを使うことはなく、長時間集中して作業するタイプなので大満足でしたが、上記の内容に引っかかりを覚えるような方は避けたほうが無難かもしれません。参考までに環境を書いておきます。PC:Win7/32bit corei3ソフト:Firealpaca

5000円のときに買いました。最初の数ヶ月は普通に使えていたのですが、今ではまともにペンの充電ができません。絵を描こうと思って出してきても、充電がうまくできず以降錯誤して充電できたときには絵を描く気が萎えることが多々ありました。ペンタブってどういうものなんだろうな~という気分で買う場合には良いと思うのですが、真剣に絵を書こうと思っている方にはあまり進められません。また、弱い筆圧にあまり対応できていない気がします。(ちなみにwacomは1g荷重で反応することを謳っています)あと、ドライバが悪いのか私の使用しているソフトとの相性が良くないのかわからないのですが、firealpacaで絵を描いているときにchromeを操作して、またfirealpacaに戻るとしばらく筆圧検知が作動せず常に一番強い筆圧の扱いになってしまいます。

プリンストン 急速充電式ペン付属スリムペンタブレット Slim Pen Tablet with a rechargeable pen PTB-STRP1はこちら

タイトルとURLをコピーしました