HUION液タブKamvas Pro13 液晶タブレット 傾き検知機能付き 筆圧8192充電不要ペン フルラミネートスクリーンアンチグレアガラス搭載 13.3インチフルHD液タブ Adobe RGB92%

液晶タブレット

HUION液タブKamvas Pro13 液晶タブレット 傾き検知機能付き 筆圧8192充電不要ペン フルラミネートスクリーンアンチグレアガラス搭載 13.3インチフルHD液タブ Adobe RGB92%

HUION液タブKamvas Pro13 液晶タブレット 傾き検知機能付き 筆圧8192充電不要ペン フルラミネートスクリーンアンチグレアガラス搭載 13.3インチフルHD液タブ Adobe RGB92%説明

以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:傾き検知機能:傾き検出±60°レベル、傾きしながら、精度も変わらなくて。最新のドライバ、ドライバオンラインアップデート機能、左利き用設定もでき、ユーザー体験のために尽力しています。充電不要ペンPW507:充電不要筆圧8192 レベルペン。電池捨て必要なく、環境に良く、体験感アップ、実際に紙に鉛筆で描く感覚を実現する、作業中電池切り、充電する心配はもう要りません。フルHD液晶:解像度 1920×1080 、120%sRGB色域、従来より20%アップ、素敵なアンチグレアガラス搭載、美しい描画、上質な描き味を実現しています。ショートカットボタン:左に4個のショートカットボタンと一つのタッチバーがあり、各個人の作業習慣に合わせて、それぞれにペイントソフトの各種機能を割り当てできます。互換性:Win 10/Windows 8/Win7/Mac OS最新バージョン、WindowsとMac両方とも対応してます。人気のペイントソフトにも多数対応しております。1年保証付き。反応速度:266 PPS

HUION液タブKamvas Pro13 液晶タブレット 傾き検知機能付き 筆圧8192充電不要ペン フルラミネートスクリーンアンチグレアガラス搭載 13.3インチフルHD液タブ Adobe RGB92%口コミ評価

すごい発見をしたのでレビューします。(既出ならごめんなさい)。この機種に付いてくる新型ペンに旧モデルのペン先を挿してみてください。写真のようなペン先の状態になります。すると、デッサン鉛筆と同じ持ち方で液タブに描けるようになりました。これは画期的ですよ!ワコムの液タブも持ってますが、デッサン鉛筆のような持ち方で描けるスタイラスペンではありません。それが私には液タブの致命的な欠点でした。これが克服されたとなれば最高です。メーカーさんにとっては意図していない用途に思います。だから、メーカーさんには旧モデルのペン先も販売を続けて欲しいです。ぜひお願いします!いちいち抜き差しするのは面倒なのでペンを二本買って用途分けで使い始めました。まさかデッサン鉛筆のように持てる日が来るとは……みなさんもぜひ試してみて下さい!

当方ワコムの板タブ歴10年以上(インティオス2、インティオス4中古)、HUIONの板タブ傾き検知あり(H610PROV2)を今年夏に購入したばかりの状態でした。タイムセールで4万以下になっており、同時期セールでワコムの13HDが約5万程。差額は1.5万くらい。散々どちらにするかものすごkっく悩んだ末での購入でした。結論として自分にはこちらで大丈夫だったな、という感触で安堵しております。また先にHUIONの板タブでペン先の沈みを経験していましたが、その板タブよりも此方の機種の方が若干沈み込みが少ないと思いました。あくまでも個人の感想なのでワコム液から移行となるとやはり違和感は強いのかもしれません。単純に体感としてワコムを長く使ってた人ほどペン先の沈み込みに違和感はあるかもしれず逆に言えばワコムを使ってない人ほど中華液タブには素直に馴染めるのではないかと思いました。これから液タブ初心者や板タブも中華だった、て方にはワコムではなく中華液タブで全然いい時代になるんだろうなって強く感じました。ただ基本説明が簡単なので自分で調べたりドライバインストール等が普通に対処が出来る方に限ります。パソコン初心者です><みたいな人にはその点ではやり難易度は高いのかもしれません。色々此方の評価をみて勉強したので、接続はなんなく出来ました。USBからHDMIの変換機も同時に購入しそちらのドライバーも入れつつ、HUIONのドライバーも公式サイトからインストール済みの状態にしました。その後PCの電源を切り、液タブを接続し電源を入れてからPCの電源をいれました。最初は設定するところが良く解らなかったのですが(笑)win10の設定→システム→ディスプレイのマルチディスプレイの箇所で「表示画面を拡張する」に設定したら無事に画面もうつり一安心です。同じ画面比率なら複製でいいらしいですが当方は環境が違うので拡張にしました。最初クリスタ&コミスタ両方で線が5センチほど左下にずれて描写されてしまいさんざんggりましたが、環境設定のタブレットのところをwintabではなくTabletPCにしたら位置ずれ描写はなくなりました。所が今度はTabletPCだと筆圧が全くきかない事態に……。結局wintabに戻して、タブレッド座標を使用しない(コミスタの場合)、マウスモードを使用する(クリスタの場合)にそれぞれ設定しなおしたらカーソルずれ描写もなく無事に使える感じになりました。筆圧もきいています。クリスタとコミスタでそれぞれ筆圧感知は大分色々いじりつつこの辺はまだ試行錯誤してます。あと、ペン先を合わせるのにHUIONの設定でひたすらモニターキャリブレーションをしました。9か所赤い点ぴったりに押していって設定しても、クリスタやコミスタで3ミリくらい誤差がでたので二度目の調整であえて赤い点から3ミリ位外して押していき、ペン先に丁度線が出るように調整しました。この辺は自分の体感と勘で、自分の納得できる感じにしていくと良いんじゃないかと思います。HUIONのブログ?にも1回目は赤い点を押して二回目は時差を考えて押すとあったのであってたのかな?と感じました。使って数日程度ですが他に気になることは、使っていると上部真ん中から縦5センチ横10センチ位の箇所があったかくなります。液タブ熱いってきくしこんなものなのかな?と思ってます。あと色とかは基本元のディスプレイで確認するので液タブのは目に優しい感じの設定にしました。またサイズも悩みどころでしたが2018春発売のipad9.7のクリスタでイラストを描いていたのでipadよりは大きいし意外と慣れていけそうでした。机のスペース的にもこれでよかったと思います。あんまり大きいと腕が疲れそうな感じがしたので自分は手首で描く方だったんだなーと今更気付きました。色々と心配しながら購入した品でしたが、4万以下で液タブ環境になれて大変満足しております。液タブになって作画が早くなるという話を話半分に聴いていましたが、数日使っているうちになるほど、と思いました。板タブでは思い通り引けずに何度か線を書きなおす時間がありましたが液タブだとそれがほぼない感じです。誤差があっても一度二度線を引きなおせば脳内と同じ線になります。慣れたら作画はどんどん早くなれそうな気がしました。板タブ長期利用の自分でも数日此方の液タブ使っていて結構慣れたので、板タブずっと使ってたし液タブ慣れるか不安とかそういう方には、めっちゃ大丈夫!!と言いたいです。手が邪魔っていうのは自分は感じませんでした。傾き検知が欲しかったので現時点ではhuionさん一択でした。傾き検知なし中華を経験してないので傾き検知がどのように働いているのか分かりませんが此方の液タブでは絵を描いてて違和感等は全くないです。ぼけちゃってますが写真は1枚目がキャリブレーション1回目の時、あとの2枚が調整して合わせたものです。今後大きいサイズに移行するときもワコムではなく私は中華でいいかなって思いました。それから替えのペン先とペン先を引っこ抜く道具はペン立ての丸い奴を回して開ければ入ってました。今後何かトラブルがあれば追記したいと思います。

15インチの他社製品と迷ったのですが13インチでも大きさは十分でした。むしろこれ以上大きいと取り回しがきつかったかもしれないと思いました。安っぽい作りに見えますが付属の台も意外に重みがあり安定感がありました。角度調節のつっかえ棒?も二つ付いていて大きく二段階に分けて変更可能でした。ショートカットキーも便利でボタンを押しながらペン先で絵を移動ができたりスライドで画面のサイズを変えられたりと便利でした。ペン先もほんのちょっと沈むには沈みますが誤差の範囲内で安物のボールペンよりは沈まずしっかりしていると思います。難点はキャリブレーションです。設定に苦戦しました。どうやら現バージョン(2018年11月現在)ではキャリブレした後適応やOKを押すと初期設定に戻るようです。やり方も画面六分割にある点を押してキャリブレーションするのですが点の真ん中を押しても微妙にずれてしまうので六個の点それぞれに意識してずらして押すなどの癖があり大変でした。これをうまく調節することができれば画面端や真ん中でペン先とずれるといったことはあまりないように思います。色域はデフォルトだとアマゾンの画面の白の部分が少し青く感じます。そのあとモニターの設定も見直して色々変えてみましたが多分、色域92はないと思います。台の液タブを抑えるでっばりが裏側からでないと引き出せず。よく元に戻るのでちょっと不便。※アプデがありました。キャリブレの反映はちゃんとOKなどで適応されるようになったようですが黒丸を少しずらして押さなくてはいけないのは相変わらずでした。(コンセント外して電源を切らないと私のパソコン環境だとワープロソフトに不都合が出てしまうようでそうしているのですが、そのせいなのかどうにもそのたびにキャリブレーションがずれるのがすごい難点です)

使い始めて1日目で壊れました。画面の下3分の1が急に反応しなくなり、いくら設定をいじってもインストールし直しても使えなかったので返品致しました。次はHUIONでは無く他社の製品にします。描き心地、ペンの使い心地、ペン立てやペン先の収納などはとても良かったです。

板タブから初めての液晶タブでした。他社メーカーは使用したことがないので買う前にレビューを見て気になっていたことと実際に使ってみての感想を書きます。ちなみに同人誌制作に主に使用しています。気になっていたこと・13インチでは小さいかも?これは大丈夫でした。見開き原寸でページを並べて作業したい人はもっと大きい型が必要かもしれませんがコマごとに拡大して描くタイプの私は13インチで十分でした。表紙など全体を確認しながら塗りたいときだけ少し小さい気もします。・ペンの沈み込み修正液みたい・沈み込んでカチっと鳴るとレビューしている人がいたので心配していたのですが私はそのようなことはありませんでした。筆圧がかなり強いとそうなるのかもしれません・色再現度これは全く問題ないです。鮮やかできれいです。実際の印刷物と比較するとつないでいる本体のノートパソコンより液タブのほうが近い色味でした。ここからは買う前は想定していなかったけど実際に使ってみて板タブよりよくなかった点です。・ペンの遅延素早くペンを滑らせて描くとポインタがついてこれずに浮いたような描き味を感じることがあります。ゆっくりペン入れするタイプの人は気にならないかもしれません。・ものすごくペン先が削れるこれは私が貼ったペーパーライクフィルムにも問題があるのかもしれませんが、買って1週間、1日2時間程度の作業でペン先が斜めに半分くらい削れてしまいました。(前述の通り私はそこまで筆圧の強いタイプではありません)そのかわり替芯はいっぱい入ってます。・ケーブルが弱いケーブルが弱いのか時々断線します。USBの差し込み部分も少しゆるいです。断線したときはあらゆる差込口や電源の接続部を抜き差しすると繋がりますが、すぐ繋がるときもあれば1時間くらいかかることもあり不安定です。ちなみに1週間で3回ほどこの症状が起きました。さすがにサポートに問い合わせたのですが、「それはケーブルの問題ですね、ケーブルを差し直したり他のコンピューターで試してみてください」という返事でした。そんなことはわかっている。ちなみに日本語で質問すると英語で返事が来ます。(チャットで質問したのでサポートメールのほうはわかりません)レスポンス自体は翌日と早かったです。あまりに断線するようならケーブル交換できないか再度交渉してみるつもりです。全体的な評価としては液タブ本体は申し分ありませんが付属品に難ありといった感じです。

HUION液タブKamvas Pro13 液晶タブレット 傾き検知機能付き 筆圧8192充電不要ペン フルラミネートスクリーンアンチグレアガラス搭載 13.3インチフルHD液タブ Adobe RGB92%はこちら

タイトルとURLをコピーしました