HUION ペンタブレット 無線 8192レベル筆圧感知 ワイヤレス接続可 8個のショートカットキー最新ドライバ、11 x 6.875インチ作業領域ペンタブレット (Q11K)

液晶タブレット

HUION ペンタブレット 無線 8192レベル筆圧感知 ワイヤレス接続可 8個のショートカットキー最新ドライバ、11 x 6.875インチ作業領域ペンタブレット (Q11K)

HUION ペンタブレット 無線 8192レベル筆圧感知 ワイヤレス接続可 8個のショートカットキー最新ドライバ、11 x 6.875インチ作業領域ペンタブレット (Q11K)説明

以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:ペンタブ接続端子:ワイヤレスUSB接続とUSB接続選択可能、こちらでワイヤレス接続とオススメいたします、デスクトップ綺麗にって、配線の方付けることもなし。ショートカットボタン機能:8個のカスタマイズ可能のショートカットキーご都合によって、設定可能、効率的なファンクションがいつもての周りにあります。各個人の作業習慣に合わせて、それぞれにペイントソフトの各種機能を割り当てできます。商品詳細:作業領域11 x 6.875インチ反応速度220PPS 筆圧感度8192段階 Micro USB端子 本体サイズ:390 x 223 x 11mmほとんどの人気ペイントソフトに対応します。 Photoshop SAI CLIP STUDIO PAINT Illustrator GIMP Comic Studio などペンタブレットの対応システム:Windows 7/8/8.1/10、Mac OS X10.11以降に対応します。 保証期間:ご購入日より1年

HUION ペンタブレット 無線 8192レベル筆圧感知 ワイヤレス接続可 8個のショートカットキー最新ドライバ、11 x 6.875インチ作業領域ペンタブレット (Q11K)口コミ評価

子どもがPCでお絵かきできるようにと購入しました。筆圧のレベルが8192レベルとのことですが、うちレベルではそのすごさは実感できません(笑)。とはいえ、軽めに描いても強めに描いても妙な引っかかりもなくスムーズにペンが動かせます。10年ほど前に購入し、もうずいぶん使っていなかったBAMBOOの製品と比べると、パッド部分が柔らかく感じます。字を書くのならBAMBOOの製品のほうが良いかもしれませんが、絵を描くのであればこちらの方がしっかり細かく描けるような気がします。線が途切れたり反応が悪かったりということもなく、使ってみて普通に使えるので、良い意味で「まぁ、こんなもんだろう」という感じです。金額的にBAMBOOに比べてかなり安価なので、「安かろう、悪かろう」を心配して購入までかなり迷いましたが、案の定というかなんというか、使用後三ヶ月程度でペンをタブレットに触れさせていないのに線が書けてしまうという不具合が発生しました。そこでサポートにメールで連絡をしたのですが、ちょうど時期が春節(?)に当たったのか、「すぐに返事ができない。一週間程度待ってくれ」との返事でした。その後一週間したら先方からメールがあり、製品の購入状況がわかる内容の提供と症状を動画で撮影したものを送って欲しいとのことでしたので送ると、すぐに先方からいろいろな方法を試して欲しい旨返信がありました。何度かやり取りした後に、「新品のペンと交換する。一ヶ月以内なら全部無料だったのだが3ヶ月経ってるので送料として千円だけ払って欲しい」とのメールがあり、それで必ず解決するかどうかわからないのに送料の先払いはできない旨伝えると、「もしそれで直らなかったら、製品ごと新品に交換する」ことを約束してくれたので支払ってみました。すると翌日には「発送した。国際郵便なので一週間程度かかるかも」という連絡が。実際一週間程度待つと新品のペンが送られてきて、それを使うことで不具合も解消しました。サポートの方の日本語が若干おかしかったり、送られてきた新品のペンの箱がつぶれていたりと、「ああ、外国のメーカーだなぁ」という点は多々ありましたが、それでもサポートの方が真摯に対応してくれたことに対しては好感が持てました。二週間程度の間に十回程度のメールのやり取りをしましたが、一度としていい加減な対応でごまかそうというような態度をとられたことはなく、不安を感じることもありませんでした。不具合事態が三ヶ月程度の使用で起こったことの是非はともかく、メーカーとしてはプライドを持ってちゃんと対応しようという姿勢が感じられるので、ペンタブレットを安価で入手する一つの選択肢としてこのメーカーは十分に評価に値すると思います。

化石みたいなペンタブからの乗り換えなので比較にならないですが筆圧感知8192レベルはさすが。おおむね満足なのですが、時々なぞの挙動をすることがあってドライバの競合とかをうたがってたのですが本当の原因はペンの下ボタンにデフォルトでわりあてられている「ブラシ切り替え」でした。そもそもがどういう機能なのか謎なのですが、これがソフトによって挙動が違い消しゴムツールになったりならなかったり。どっかで設定できるのかもですが、よくわかりません。そしてペンのボタンで切り替えた場合ソフト側の操作で別ツールを選択してもそのツールにならないようです。なので意図せずボタンを押してしまていた場合何を選んでも消しゴムツール??みたいな状態になっていたのでした。もう一度下ボタンを押すとなおります。サポートに問い合わせたところそれでもなおらない場合上ボタンの長押しとかでもなおるっぽいのですが、「ボタンで切り替えた場合ツールで切り替わらなくなるのは仕様なのか」と聞いても対応スタッフの日本語が微妙なのかそれに対する返答をえられず、なおらないならドライバ再インストールとか動画をとって送ってくださいとかずれた回答が。日本語でのサポートをがんばってるっぽいですけどこのあたりは言語の壁が・・・英語で問い合わせれるならそのほうがいいのかも?とりあえず「ブラシ切り替え」の仕様が謎なため、ドライバインストールの際に一緒にPCにインストールされたペンタブの調整ソフトで割り当てをかえました。それからは安定して使えています。割と無意識で押しちゃう位置にボタンがあるので、もし挙動で不審な点がある方がいらっしゃったらペンのボタンの設定を確認してみるといいかも。

2018/08/15更新以前の自分のレビューでsai2が使えないと書きましたが2018年の6月頃からsai2が使えるようになってました。それと最近購入したペンタブが調子悪くなってしまいhuionさんのほうに連絡を入れたところ丁寧に対応してくれました。電話のほうはつながらなかったのですがメールでそのことを伝えたところ数時間で返信がきました。おかげで無事動くようになりました。絵を描くためにAmazonのセールで10000円で購入しました。昔、ワコムの小さいペンタブを使っていましたがやはりペンの識別範囲は大きいほど描きやすいと感じました。また、この商品は有線/無線どちらとも対応しており私は無線で使っています。私が使ってる限り遅延してると感じたことはありません。もし遅延してると感じても有線で繋げても使えますのでかなり使い勝手がいいと思います。見た目に関してですがシンプルで良い物だと思います。淵の部分が丸くなっていますので手が角にあたって痛いなんてことは無いと思います。裏面にはゴムが付いていますので描いてる途中にペンタブ本体がズレるってことは滅多にないと思います。イラストソフトでの動作に関してですが私はsaiを使っているのですがバージョン2.0(2018年1月に試験的に公開してるもの)は使えませんでした。バージョン1.2~では問題なく使えたましたので、購入を考えている方でバージョン2.0をメインで使っている方は1度HUIONの公式サイトに確認を入れた方がいいとおもいます。最後に一言これはあくまでペンタブです。絵を描くためや文字を入力するための機械です。もちろんネットサーフィンや音ゲーといった物を機能上利用できると思いますがそういった目的では作られていません。なのでそれが嫌という方はWacomのペンタブを買うことをお勧めします。

使っていたタブレットが壊れてしまったため、購入しました。お求めやすいにもかかわらず、性能が非常に良いです。今まで筆圧感知があまりよくないタブレットを使用していたということもありますが、筆圧感知8192段階の凄さに脱帽です。絵を描くことがますます楽しくなりそうで、嬉しいです。お問い合わせの対応もとても真摯でした。ありがとうございます。12/01追記ペンの充電ができないという初期不良で問い合わせた際、高評価レビューをつけるとグローブをペンと同梱する、と言われ、性能に非常に満足していたので☆5レビューをつけたのたのですが、ペン以外にも、タブレット本体も一週間経たず使っているうちボタンが効かなくなってしまい、さすがにもう問い合わせて交換して…というやりとりはしたくないので、諦めてボタンを使わずに使用しています。それから、ペンにグローブを同梱とされていましたが、グローブはついてきませんでした。安さ…安さだけ見れば、このペンタブはすごくいいものかもしれません。ですが動かなければ、数千円をドブに捨てるのと同じことです。安いから初期不良あっても仕方ないよね、という考え方なら、値段を上げて初期不良をなくしてください。これから買われる方、初期不良があるかもしれませんが、問い合わせの対応は真摯です。わたしの交換で届いたペンは幸いにも正常に動いてくれるペンでしたが、動かなかった方もいるようです。動けば良い製品ですが……博打でもいいという方だけ、お買い上げになれば良いと思います。

 H610proを半月程使用した後此方を購入。軽くいじって思ったのがH610proと描き心地が違い、610proはサラサラしてるのに対し此方のQ11Kは610proより少しサラサラ感が抑えられてます。描きにくいということはありませんがやはり板タブゆえツルツルしてます本体左側の8つのボタンは610proのカチカチよりは押しやすくなっています8つのボタンは付属のCD、若しくは公式からインストール出来るドライバで自由にカスタマイズ可能、ドライバは日本語化されています。▪️少し気になった点をいくつか▪️H610proのペンに比べてやや長く、後ろ側がほんの少し重く感じます(使用時は気にならない程度)長さは測ったところ17cm弱それと、テストがてらsai2を使用して特に問題無く使えたので無線機能も試し、okだったので終了し暫く後にまた起動した所何やら筆圧感知が無効になっておりペン側のボタンを押してる間だけ入力されて線が描画されました。無線が原因かなと思いsai2を終了しPC側のレシーバーを外したら治りましたがちょいと焦りましたあとsai2を使っていると何回かドライバがエラー吐いて停止する事がありましたが、再びドライバ起動すれば復活しました(H30.4.29追記)あれからエラーなく動いてますですがやはり中華タブなので不具合の可能性はあります心配でしたらWacomの方をお勧めします2017.11.08追記 2018.04.29更新レビューに反応が悪くなるとの理由で星1の物が有りますが、私の方では問題無く使えてますのでPCの相性やソフトとの干渉の問題では無いでしょうか筆圧感知もバリバリ元気ですしチャタリング現象も起きてません

HUION ペンタブレット 無線 8192レベル筆圧感知 ワイヤレス接続可 8個のショートカットキー最新ドライバ、11 x 6.875インチ作業領域ペンタブレット (Q11K)はこちら

タイトルとURLをコピーしました