Neonode Airbar for 15.6″ Display Add touch to 15″ PC Display (1004) 並行輸入品 [並行輸入品]

液晶タブレット

Neonode Airbar for 15.6″ Display Add touch to 15″ PC Display (1004) 並行輸入品 [並行輸入品]

Neonode Airbar for 15.6″ Display Add touch to 15″ PC Display (1004) 並行輸入品 [並行輸入品]説明

以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:プラグアンドタッチ – 付属のマグネットを画面の下部に取り付け、USBコードを差し込みます。互換性 – Air barは、Windows 10、Windows 8.1、またはChrome OSオペレーティングシステムを実行するほとんどのノートブックで動作します。任意のオブジェクトを使用してタッチする – 指、手袋、絵筆、スタイラスなどで触れます。ユーザーエクスペリエンスの強化 – グレアなしのピンチ、スイープ、ズーム、スクロール

Neonode Airbar for 15.6″ Display Add touch to 15″ PC Display (1004) 並行輸入品 [並行輸入品]口コミ評価

Air Bar 15.6インチを購入しました。 最新のファームウェアに更新してNotebook Full HDで使用しています。Windows10 v1809 環境ですがコメントがあります。拡張スクリーンモードにしてセカンドディスプレイを出すともとの画面でのタッチが利用できなくなります。ほかの操作では問題がないので残念なポイントです。いつかファームウエァでサポートされれば良い製品としておすすめできます。

Windows10とAndroid x86をインストールしたノートPCで使用しています。マルチタッチは2点までの対応で、取り付けてすぐに使えるのでとても重宝しています。座標の精度も感度も良好ですが、仕様上前後に並んだの2点タッチが認識しづらいのと画面に触れなくても反応する点は気になる人は気になるかもしれません。Windows10では操作が拡張されかゆいところに手が届くといった印象。Android x86はやはり元がタッチ前提の操作を強いるOSだけあってスマホ同様の使用感です。ノートPCによるものではありますがそこいらのスマホやタブレットより高性能なのでスマホ同様に使えるようになるのは大きなアドバンテージになります。

ZOOMを使う機会が出てきて、「Surface」対応のパソコンがないので、それを購入すべきか迷っている中で購入することになった。使ってみると、すぐに装着できてすぐに動く「マジック」のような印象を受けた。ただペンなどで直す機能を、これを使うにはやや能力不足を感じた。この部分にさらに能力の向上を期待したい。しかし、8000円程度で、指でページをめくったり、拡大縮小を実感できたのは大いに自分のパソコンに必要な機能は何かと改めて考える機会になり、このような素晴らしい商品を開発した人々に大いに非常に感謝している。一つだけ問題点を挙げれば、相手が「Surface」対応のパソコンで、画面に指を触れるたびに、指を差されたような感じがしたので、ミーティングでは相手を不快を感じさせるかもしれないのでこの機能は向いてないと感じたことだ。このレビューが参考になれば幸いである。

業務レベルのタッチ操作には利用不可です。常日頃 Windowsをすべてタッチで操作をするレベルでタッチに習熟していますが、精度の高いタッチ操作を行うことには向いていません。ウィンドウのタイトルバーをタッチして、移動させるぐらいが限界です。それも、普段タッチ操作に慣れていない人にはおそらく不可能です。少し残念でした。

MSIのノートPCを使っておりメーカー公式のAndroidエミュであるMSI App Playerでタッチ式ゲームを楽しむために購入。想像以上のタッチ性能の良さで大満足しました。違和感を感じずスマホで操作するのと非常に近い感覚でAndroid用ゲームが遊べました。。

Neonode Airbar for 15.6″ Display Add touch to 15″ PC Display (1004) 並行輸入品 [並行輸入品]はこちら

タイトルとURLをコピーしました