GAOMON S620 6.5×4インチペンタブ8192レベル筆圧4ショートカットキーや電源不要なペンを搭載した板タブ-イラスト/OSUゲーム用

液晶タブレット

GAOMON S620 6.5×4インチペンタブ8192レベル筆圧4ショートカットキーや電源不要なペンを搭載した板タブ-イラスト/OSUゲーム用

GAOMON S620 6.5×4インチペンタブ8192レベル筆圧4ショートカットキーや電源不要なペンを搭載した板タブ-イラスト/OSUゲーム用説明

以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:(環境に優しいパッシブペン)–パッシブ技術を採用して、電池交換や充電する必要がなくなりました。この環境に優しいペンは、イラスト創作における低バッテリレベルのためにあなたの考えやインスピレーションを妨げることはありません。また、2つのプログラム可能なエクスプレスキーが付属しており、ワンクリックでブラシと消しゴムを切り替えることができます。(8192ハイレベル筆圧&4個カスタマイズ可能なキー)–8192レベルに対応しているワイヤレス充電不要なペンを使って、美しくて細いラインを描きやすいです。あなたの創作習慣に基づいて4個ショートカットキーを好きな機能に設定できて、作業中にそれらを使用すると効率が大幅に向上します。(266 PPSレポートレート&5080LPI解像度&10MM可読高度&6.5*4インチ作業領域)–このサイズのペンタブは軽量で、ラップトップバッグに入れて職場、学校、旅行に持ち運びやすいです。 ただし、デジタルイラスト、手書き、ゲーム、アニメーションデザインなどにも十分な大きさです。(Windows7/8/10 、mac OS 10.12以降&多くのペイントソフトに対応する)–Adobe Photoshop、 Illustrator、 Clip Studio、Lightroom、 Sketchbook Pro、 Manga Studio、 CorelPainter、FireAlpaca、OpenCanvas、 ペイントツールSai2、Kritaなど主要なペイントソフトと互換性があります。(Mac OS10.14にも対応します) (人間工学に基づきデザイン&一年保証付き)–底の4つの滑り止めゴムはペンタブ本体野固定性を保証します。ボードの上部にある4つのショートカットキーで、左手モードを使用してもペンタブレットを180°回転させる必要はありません。商品到着日より一年以内で、使用中に問題(人為による破損以外)を発見した場合、お気軽にご連絡ください。

GAOMON S620 6.5×4インチペンタブ8192レベル筆圧4ショートカットキーや電源不要なペンを搭載した板タブ-イラスト/OSUゲーム用口コミ評価

いつか欲しいなーって思っていましたが、勢いで買ってしまいました。付属品で手袋?と替芯とスマホに繋ぐようの変換のやつがついてました。手袋はそんなに必要なのかなー?って思ってましたが、手袋つけると滑りやすくなって描きやすくなるんですねーペンタブ設定すればペンの筆圧とかペンタブの感度?も変えれるので反応も問題ないです。スマホでも使えるし、値段も安い方ですし買ってよかったです。★★次の日何となくKindleに繋いでみたらちゃんと使えました!メディバンペイントとか言うアプリ入れればオフラインでも十分つかえます!まさかKindleでもつかえるとは…左手でKindle操作しながら右手でペンタブつかえばパソコンよりツール系は使いやすいかもです。

Androidを持っていないので、スマホでの使用に関しては何も言えません、申し訳ないです。PCでの使用についてのレビューになります。第一印象は今までのペンタブと比べると、描き心地は固い印象がありました。筆圧が結構強めにしても中ぐらいの反応だったりしましたね。ですが筆圧に関しては、ソフトの方でも調整は可能ですのであまり気にしないでいます。ペン先の沈み込みも、ごくわずかかな?と。(自分があまり気にならないタイプなのでなんとも言えませんが……)今回のはガリガリ描ける印象が強いですね。大きさに関しては片手目いっぱい広げたよりも少し広い感じ。持ち歩きなどにはかさばらないので、スマホで描く方々には嬉しいところかと。PCで描いてても、腕や手を大きく動かさないので楽でした。大きい画面になれてる人にはちょっと小さいと感じるとは思いますが……。長時間の使用についてですが、ペンのグリップ部分が柔らかい素材を使われてるので、握ってて疲れはあまり感じませんでした。ペン自体も軽いので、とても楽に描けました。スペック的にも申し分ない性能で良い商品だと思います。

iPad等もある状態でスマホで描くためのものが欲しかったので購入しました。なのでスマホ使用の感想しか書けませんが、結果としてちゃんと使えたので満足です。・アイビスペイントで使用可能(ペンのボタンで消しゴム&やり直し(取り消し?)の切り替え可能)※タブレットのショートカットキーはパソコン用・スマホに挿せば矢印マークが出てすぐ使える。・自分はサイズが足りなくて使えないとかは感じませんでした。スマホ見て描いてるならこのくらいの作業領域で充分だと思います。※パソコンで使うとしたら分かりません・ペンの沈み込みは数ミリ下がる感じちゃんとAndroid6以降、OTGサポートがあるかどうか確認すれば使用できます。私は自分のAndroidスマホの説明を見に行き“OTGサポート”と書かれていたので大丈夫だと判断しました。他社製品のレビュー動画がバズったっぽいので話題に上がってませんが、こちらの製品はなかなか安く手に入り想定通り使えるので総じてよかったと思います。斜め感知とかはどうなんだろう・・・?筆圧関知はちゃんとあるしアイビスでかけるのでお金の無い学生さんなら尚更オススメですね。PS購入後GAOMONさんからメールが届いたので、ちょっとした質問や要望などを返信したら対応して頂きました!流暢な日本語という訳ではありませんでしたが何度も返信してもらったので、サポートなどは手厚めだと思います。

普段27インチモニターでIntuos Pro Large使用し漫画やカラー絵など描いています。(使用ソフトはSAI、クリスタ、フォトショップ)今回はサブ環境の24インチモニターでクリスタを使用し、セリフ、手書き文字、効果を入れるだけのペンタブを安く手に入れようと思いこちらを購入しました。値段からすると充分な性能かと思います。ザラザラした感触?でツルツル滑るのでまだ書き辛いですが慣れることを祈ります!笑 こちらの製品で絵を描こうと思っている方の参考になればと思い書きますが、私は綺麗めで細い線を好むのでこのペンタブでは絵は描けないなと感じました;; 握りも書き心地も軽すぎ&書く面がザラついたような感じでカタカタブレるので;; 指でタブレットの表面を撫でるとツルツルなのですが…… 硬いファイルの表面をボールペンで書くような、カタカタ&ツルツル、そんな風に感じました;;

ペンタブを初めて買いましたが、買ってよかったと思います。ペンタブと液タブで迷っていましたが、ペンタブで正解かなと。理由として、液タブだとPC側のHDMIを一つ使ってしまうことと、HDMIケーブルが邪魔になりそうということ。※ペンタブだと机上にUSBハブを置いているので非常にスマートに接続できる。また、液タブは液タブそのものを見るので姿勢を作るための机上スペース、液タブの角度を決めるためのスタンドなど、、出費が増えそうです。どれくらい細かい作業をするかにもよりますが、自分の用途では板タブで正解。そして他のペンタブを使ったことがないので未知数ですが、この板タブで問題ない精度でした。あとはショートカットキーが非常に便利なのでこの板タブじゃなくとも、必ずショートカットキーがあるものを購入したほうがいいと思います。

GAOMON S620 6.5×4インチペンタブ8192レベル筆圧4ショートカットキーや電源不要なペンを搭載した板タブ-イラスト/OSUゲーム用はこちら

タイトルとURLをコピーしました