HUION GT-191 19.5インチ HD液晶タブレット 8192レベル筆圧 液タブ

HUION GT-191 19.5インチ HD液晶タブレット 8192レベル筆圧 液タブ液晶タブレット

HUION GT-191 19.5インチ HD液晶タブレット 8192レベル筆圧 液タブ

大きいサイズの画面と高い解像度と業界最高筆圧感度:19.5インチフルHDスクリーン 解像度:1920×1080HD 筆圧感度:8192レベル。大きい画面で、狭い縁デザインをして、高い筆圧は精確の作業を保証します。
フルHD液晶ディスプレイの色表現:72% NTSC 色域、最大 1670 万色を表示できる技術スペックの高さ、鮮やかの画面を展示することに必要です。
作業スペック:レポート率:233PPS、タッチ解像度:5080LPI ペン先と液タブ接触する瞬間で、速やかな反応で驚かせるところ、次々の線を引き出す気持ちは止まりしません。
新式デジタルペン:8192筆圧デジタルペン、2つのスイッチが付き、よく使うツールを設定可能です。調整可能のスタンドも付きまして、20°〜80°に自由調節でき、178°の視野角で、どんな角度を画面を見ても、表示色は変わりません。
対応システム:Windows 7/8/8.1/10 Mac OS X10.11.0 及び以降。対応ソフト:現在主なドローイングソフトに対応できます。交換性について何か不明点がございましたら、遠慮無くメールでも他の方式でもお問い合わせください。ご購入したから3~5日に追加サービスを着信致します。メールのご査収お願い致します。製品は日本に直接発送しますので、ご安心してください。

HUION GT-191 19.5インチ HD液晶タブレット 8192レベル筆圧 液タブ説明

予約して、発売日前に届きました。
少し気になるところがあり、Inking Park JPさんに問い合わせた所、すぐにHuionさんがサポートして下さり、交換品が届きました。
そのレスポンスのよさに驚きましたし、とても気持ちの良いサポートでした!

商品についてですが、Wacomのインティオスプロ、GT191を使用していましたが、こちらに買い換えて良かったと思いました。

まず、ペンが描きやすくなりました。GT191の充電式ぺんと比べても、沈み込みが気にならなくなりましまた。
描き味も、アンチグレアガラスの抵抗感が紙に描いているのと似ています。

発色についてですが、調整が必要ですが、きちんと納得いくまでしてみると、なかなかだと思います。
本体のmenuボタンから調整して、個人的にはcolo tempという項目をcool に合わせてから、グラボの色調整をしてみたら上手くいきました。
こうして見ると、前回の機種よりも綺麗です。

視差は、ペンを置いて斜めから覗くと感じますが、キャリブレーションで、あまり気にならない所まで持って行けると思います。

キャリブレーションはコツがいります。
初めは中央の赤い点に、2回目はズレた分だけ、その方向にズラす。3回目は同じように微調整。自分の普段の持ち方でです。私はこれでカッチリ合いました。キャリブレーションが成功すると、とても気持ちよく使えます!
GT191の時よりもぴったり、ぺんについてきます。
私はクリップスタジオペイントを使用していますが、カーソルを極少ドットにすると、本当に紙に描いている感覚に近ずきました。

長くなりましたが、調整をきちんとすれば、本当に良い機種です。

買い換えて良かったと、思います!
価格面と大きさから考えて、傾き検知も着いているし、コストパフォーマンスは最高です!
そして、サポートもとても良かった!!
予約価格で早めに購入してラッキーでした!!

追記です。

写真1.自分の目線からのカーソルの位置です。横から見たら、ガラスの厚みはありますけど、その角度で絵描いたりしません。
2.3 大きさのわりに軽いので、モニターアームにつけて、使う時に取り出せるようにしてます。
B4漫画を描いているので、とても便利です!
アームもエルゴトロンの様な高級なものじゃないです!
Amazonで、3000くらいで買ったものです!

追記
3ヶ月ほど使用後に、Wacom Cintiq16 に買い換えました。
理由はヨドバシで初めてWacomの液タブに触れた時、明らかにペンの性能が違うと思ったからです。

前の型のcintiq22でも、視差があるものの
ペンの追従性、筆圧の拾い方はWacomさんだと思いました。
proは手が出ないので、Cintiq16 で手を打ちましたが同じ価格帯でインチ数が下がっても、Cintiq16 にして良かったって思っています。

とはいえkamvas pro の画面の広さとコスパはたいへん満足のいくものでしたので、星4です。

GT-191の詳細スペック:

画面サイズ:19.5インチ
解像度:1920 × 1080HD
液晶タイプ:IPS LCD
筆圧検知:8192レベル
色域:72% NTSC
色再現性:16.7M
タッチ解像度:5080LPI
反応速度:233PPS
入力端子:HDMI、DVI、VGA
重量:3.3KG
寸法:475 × 298 × 35mm

業界最も高い8192筆圧感度19.5インチ液晶タブレット、ハードルの品質が心配には及ばません。色域と表現色の鮮やかさ、そして作業精度の保証は高い筆圧と視野角度によって、確保できます。色の表示は、もしお慣れてきた色味と違う場合は、GT-191の右下に調整することはできます。
液タブ本体にUSBポート、電源ポート、HDMIポート、VGAポート、DVIポートが付きまして、多種の機種に対応できます。パソコンとの交換性は問題ございません。

対応システム

Windows 7
Windows 8
Windows 8.1
Windows 10
Mac OS 10.11.0及びそれ以降

HUION GT-191 19.5インチ HD液晶タブレット 8192レベル筆圧 液タブ口コミ評価

12インチくらいの液タブを使っていたので、大きい液タブが欲しくて買いました
液晶の大きさ19.5インチには大満足です

総じて、満足はしておりますが、GT-221のほうが良かったのかもしれないとちょっと考えています。
感じたメリット、デメリットは以下のようなものになります

■メリット
①価格が安い。セール時に購入したので、凄く安く感じました。同価格帯の液タブと比較すると非常に安く感じます
②19.5インチフルHDスクリーン。作業画面が大きいと全てがやりやすいです。非常にありがたいです
③筆圧感度:8192レベル。いままで1024だったのでタッチが凄くやわらかく細かい表現が可能になりました。使いこなすには時間がかかりそうですが、筆圧感度が高いというのは凄いのだと感じています
④梱包が丁寧で、メッセージカードが入っていました。対応に真摯さが感じられました
⑤デジタルペンが2本入っている。充電式のペンなので、2本入っているのは凄くありがたいです。1本を充電しながら、もう一本のペンで作業できますので、充電式としった時には不安でしたが、問題なく使えています

■デメリット
①広角になると画面が白くなります。真上から見るような角度だと気になりません、液タブの角度によっては画面に白くなるように感じられるので注意が必要です
②画面が全体的に明るく白く感じます。液晶画面が白く感じますので、塗る際に感覚的にというのは難しいかもしれません。デュアルモニタにして、色差分などを確かめながら作業しております。理論的に塗っておられるならばそれほど問題はないかもしれません
③ファンクションキーがありません。余計な機能を省いているからこそのコスパだと思いますので仕方ないことかと考えています。ただ、ショートカットなどを多様する方だと気にならないと思います
④クリスタを使ってると、たまにペンが認識されなくなります。私の環境が貧弱なせいかもしれませんが、ペンの認識が外れることがあります。メモリをクリアすると認識できるようになるので、環境によるものだと推察しています
⑤入出力などのハード機器が液タブの下部についてるので、ケーブルをくぐらせる余裕がそれほどありません。フェライトコアなどのノイズ吸収用ハードなどがついていると液タブを少しうかせた状態で使えるようにする必要があるかもしれません
⑥キャリブレーションの問題かもしれませんが中央以外ではペンタッチの位置がズレることがあります。中央側で描くことが多いのでさほど描く分にはきになりませんが端にメニューバーや何かタッチしなければならないものがある場合にはズレるので気になります。ショートカットで対応できない機能部分をペン入力する際に何度もズレる場合もあるので画面構成などで工夫が必要な場合もあります
⑦ペンの芯が減るのが早いように感じます。他社製品を使っていた時にはこれほど早くは減りませんでした。感覚が若干変わるので気になる方がいるかもしれません。替えのペン先が付属してますので入れ替えが手間でなければ対応できます

HUION GT-191 19.5インチ HD液晶タブレット 8192レベル筆圧 液タブはこちら

タイトルとURLをコピーしました